このサイトは、ソフトバンク コマース&サービス株式会社が販売するshutto SoftBank C&S Edition専用のサイトです。shutto公式サイトはこちらです。

shutto SoftBank C&S Edition TOP > 利用規約

shutto SoftBank C&S Edition 利用規約

第1条 (定義)

1. 「shutto SoftBank C&S Edition」(以下、「本サービス」という。)とは、株式会社イー・エージェンシー(以下、「甲」という)が運営するシステム・サーバを利用して、ユーザ(以下、「乙」という。)が、PCサイトをスマートフォン対応サイトに変換(編集)する甲のサービスをいう。

2. 本サービスは、無償提供のフリー版および有償提供のプロ版で構成され、フリー版の利用について、乙は甲とその第三者プロバイダー及びパートナーが広告を掲載することを承諾するものとする。

第2条 (本規約の成立)

1. 乙が本サービスにアクセスし利用することで、乙が本サービス利用規約 (以下「本規約」という。)に同意したものとする。

2. 本規約は、乙が本サービスを利用し変換(編集)され、ウェブサイトを通じて表示される情報、テキスト、画像、その他データ (以下「コンテンツ」という) に適用されるものとする。

第3条 (サービスの利用目的等)

1.乙が本サービスを利用して変換(編集)することができるウェブサイトは次に掲げるものに限られ、乙は、その他のウェブサイトについて本サービスを利用できないものとする。

  • (1)乙の保有するウェブサイト
  • (2)乙に対して自己のウェブサイトの変換(編集)を依頼する者が保有する当該ウェブサイト

2.前項の定めにかかわらず、乙が、本サービスを利用して、前項各号に掲げるもの以外のウェブサイトを変換(編集)し、もって第三者の著作権その他一切の権利を侵害した場合、甲は、これにより当該第三者に生じた一切の損害について責任を負わず、乙は、その責任と負担において、当該第三者との紛争を解決する。

3.乙は、本サービスが次に掲げるウェブサイトのコンテンツに対応していないことを確認する。

  • (1)Flashのコンテンツ
  • (2)PDFのコンテンツ
  • (3)動画のコンテンツ
  • (4)ログインをしないと表示できないマイページ等
  • (5)frame、iframe、css、インクルードファイル等、外部ファイルに記述されているコンテンツ
  • (6)POSTで送られる情報によって表示内容が切り替わるコンテンツ
  • (7)javascriptによって表示が切り替わるコンテンツ
  • (8)前各号のほか、甲が本サービスのウェブサイト上で告知する本サービス非対応コンテンツ

第4条 (本規約の適用・変更)

1. 本規約は、本サービス利用に関する、甲乙間の一切の関係に適用するものとする。

2. 乙は、本サービスを通じて発信する内容に関しては、本規約の他、法律、法令及びインターネットの利用上のモラルを遵守し、その内容の全てにおいて責任を負うものとする。

3. 甲は、乙に対して本サービスのウェブサイト上で告知することにより、本規約を適宜変更できるものとする。

第5条 (禁止行為)

1. 乙が本サービスを利用して表示される情報が以下のいずれかに該当する場合、甲は、乙に対して事前に連絡または通知することなく、甲が乙に提供する本サービスの利用を中止することができるものとする。

  • (1) アダルトコンテンツなど、公序良俗に反する情報。
  • (2) 特定人物、特定組織等への中傷を行う情報。
  • (3) 知的所有権の侵害を行っているおそれのある情報。
  • (4) 経済の安全性、信頼性を損なうおそれのある情報(詐欺、のみ行為、ねずみ講等)。
  • (5) 反社会的行為に結びつくおそれのある情報。
  • (6) 個人の尊厳等を傷つけるおそれのある情報。
  • (7) 人権侵害のおそれのある情報。
  • (8) 個人のプライバシーの侵害、及びそれを幇助するおそれのある情報。
  • (9) その他、犯罪に関わるおそれなど、甲が不適切と判断する情報。

2. 乙が本サービスの利用にあたり次に掲げる行為を行った場合、甲は、乙に対して事前に連絡又は通知することなく、甲が乙に提供する本サービスの利用を中止することができるものとする。

  • (1) フリー版の広告を消す行為。
  • (2) 本サービスで作成されるスクリプトの改ざん、転用、複製。
  • (3) フリー版を自社のサービスとして提供すること。
  • (4) 甲もしくは他者のサーバーに負担をかける行為、本サービスの運営やネットワーク・システムに支障を与える行為、またはこれらのおそれのある行為。

第6条 (本サービスのシステム保守について)

本サービスのプロ版を提供するためのシステムは、原則として甲または甲が委託する第三者が24時間365日運用するものとする。但し、システムまたは関連設備の修繕保守、故障等、止むを得ない事由による運用停止はこの限りではないものとする。その場合、甲は本サービスのプロ版を利用する乙に対して可能な限り事前通告を行うが、天災、突発事故、故障等の場合は通告を省略することができるものとする。以上の事由によって本サービスに一時的な中断、遅延等が発生しても、 甲は一切責任を負わないものとする。なお、システム保守に関する問い合わせ対応は、平日の10:00?17:00の時間内とする。

第7条 (利用料金と支払方法)

1. 乙は、本サービスのプロ版の利用に際し、甲が定める利用料金を甲の指定する方法により支払うものとする。

2.プロ版利用料金はドメイン毎に発生する。尚、1つのドメイン傘下で乙の複数顧客がサイトを運営している場合は、それぞれの顧客ごとにプロ版利用料金が必要となる。

3. 本サービスのプロ版の利用料金は月額制とする。

4. 料金の支払いは、前払いとし、乙は甲指定の支払い期日までに甲指定の支払方法にて送金する。送金に際して発生する手数料は全て乙の負担とする。

5. 甲は、1ヶ月前の告知をもって利用料金の改定を行うことができるものとする。

6. 乙が、本サービスのプロ版の解約を契約期間中に申し出た場合においても、契約期間内の料金の払い戻しは行なわないものとする。

7. 乙は、本サービスを甲の販売代理店又はリセラーを介して購入し利用している場合、販売代理店またはリセラーが定める契約期間、料金、支払方法に従い利用料金を支払うものとする。

第8条 (登録情報の取り扱い)

1. 甲は、乙に対して新サービスの告知、広告配信、メンテナンス情報やサービス内容変更等の連絡、その他情報の提供を行うことができるものとする。ただし、乙が情報の提供を希望しない旨を、甲所定の方法で通知した場合は、本サービスの提供に必要な場合を除いて、情報の提供を行わないものとする。

2. 乙は、本サービスに登録した個人情報について、甲に対し、開示、削除、訂正または利用停止の請求ができるものとし、乙本人からの請求であることが確認できる場合に限り、甲はこれに速やかに対応するものとする。

第9条 (著作権などの無体財産権、肖像権)

1. 甲は、乙が本サービスを利用して発信する情報で創作した著作物または創作物については、乙自身を当該著作物の著作者、創作物の作者、または肖像権者とみなす。

2. 乙は、本サービスを利用するにあたり、第三者の著作権その他一切の権利を侵害してはならない。第三者との契約、または第三者が著作権などの無体財産権もしくは肖像権を有するとの理由などにより、公表、複製または改変等が禁じられている著作物または創作物等について、乙が、本サービスを利用してこれを公表、複製、改変、翻案または翻訳等をするなどの行為を行い、第三者の著作権その他一切の財産権を侵害した場合には、乙に一切の責任が帰属し、乙は、その責任と負担において、当該第三者との紛争を解決することとする。

第10条 (甲の免責)

1. 本サービスを利用し変換(編集)されたコンテンツの表示に起因する一切の損失または損害について、甲は如何なる責任も負わないものとする。

2. 本サービスを通じて乙が虚偽の情報を表示するなどして第三者に損害を与えた場合には、乙は自己の責任と費用において解決し、甲に損害を与えることのないものとする。

3. 甲は、本サービスのシステム保守において、システムの移行や障害対応等の止むを得ない場合に限り、乙のデータをコピーし、利用することがある。この際に発生し得る一切の障害免責に関し、甲は、甲の故意または重大なる過失に基づく場合を除き、乙に対して一切の責任を負わないものとする。

4. 甲は、次のいずれかが発生した場合でも、甲の故意または重大なる過失に基づく場合を除き、乙に対して一切の責任を負わないものとする。

  • (1) 本サービスの変更、中断、中止または廃止。
  • (2) 本サービスにより表示される情報の内容、未達、文字化け等。
  • (3) 甲指定のサーバーに保存または管理されている各種データの消失、流出、改ざん、文字化け等。
  • (4) 本サービスに関連してユーザ、二次利用者および第三者に発生した一切の損害。
  • (5) 本サービスのフリー版の利用に関して乙が被った損害について、甲は一切の責任を負わないものとする。
  • (6) 本サービスのプロ版の利用に関して乙が被った損害について、甲がその損害を賠償すべき義務を負う場合、その賠償義務の範囲は、乙が損害発生日を起算日として1年以内に甲に支払った利用料金の合計額を上限とする。

第11条 (IDおよびパスワードの管理)

1. 甲は、乙に対し、本サービスを利用するうえで必要となる本サービス専用のIDおよびパスワードを付与するものとする。乙は、これらIDおよびパスワードを適切に管理する責任を負うものとし、本規約に定める範囲を超えてかかるIDおよびパスワードを使用してはならないものとする。

2. 甲が乙に付与するIDおよびパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害の責任は乙が負うものとし、甲は一切責任を負わないものとする。

3. 乙は、甲が乙に付与するIDおよびパスワードを第三者に利用させる等、これらを不正に使用する行為、またはそのおそれのある行為をしてはならないものとする。

4. 乙は、甲が付与するIDもしくはパスワードの失念、漏洩があった場合、またはIDおよびパスワードが第三者に使用されていることが判明した場合には、直ちに甲にその旨を連絡するとともに、甲からの指示がある場合にはこれに従うものとする。

第12条 (損害賠償)

乙が本規約に定める事項を履行しなかった場合には、本規約の他の条項により免責される場合を除き、不履行により甲が受けた損害を賠償する義務を負う。

第13条 (最低利用期間)

本サービスのプロ版の最低利用期間は利用開始日の翌月1日より6ヶ月とする。

第14条 (甲からの本サービスの解約)

1. 甲は、本サービス停止の1ヶ月前までに、乙に対して書面、メールまたは本ウェブサイトを通じて届け出ることによって本サービスを解約することができるものとする。

2. 乙が次の各号の一つにでも該当する場合、甲は、事前の通知なく、直ちにサービスを解約することができるものとする。

  • (1) 本サービスの料金の支払を滞った場合。
  • (2) 本サービス利用開始後、禁止事項に該当する情報が存在することが判明した場合。
  • (3) 乙が監督官庁から営業取り消し、停止などの処分を受け、情報の発信をすることができなくなった場合。
  • (4) 乙が本規約に定める各条項のいずれかに違反した場合。

3. 前項により本サービスが解約される場合、乙が既に支払った料金は、一切払い戻されないものとする。

4. 本条第1項又は第2項に基づいて解約される場合、甲は、別途規定される場合を除き、解約により乙に発生した一切の損害について賠償する義務を負わない。

5. 乙がフリー版を利用し、本サービスの利用が長期にわたり確認されない場合、甲は事前通知なしに利用を解約できるものとする。

第15条 (債権譲渡権)

本サービスに関して発生した債権及び契約上の地位は譲渡することができないものとする。但し、相手方が同意した場合はこの限りでない。

第16条 (合意管轄)

本サービスの利用に関する訴訟は、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を専属裁判所とする。

第17条 (準拠法)

本サービスの利用に関する問題は、日本法を準拠法とする。

第18条 (協議義務)

本サービスの利用に関して、本規約、甲の指導により解決できない問題が生じた場合には、 甲乙間で双方誠意をもって話し合い、これを解決するものとする。

平成25年 4月 24 日
株式会社イー・エージェンシー

スマホ向け表示